片思い ライバル

当たる占い師がいる電話占いランキング

【片思い体験談】まんまとライバルに騙されたのね、、でも結果オーライ!

【大分県・真利子さんの片思い体験談】

それは私が中学3年生の卒業間近のことでした。2年間ずっと大好きだった片思いのM君に手紙を書いて告白したいと友人に話しました。すると彼女、じゃあ私も好きなT君に同じように手紙で告白しようと言い出しました。

 

この友人とは何でも話せていたので、それまでもなかよく恋の話に花を咲かせて楽しく学生生活を送っていました。

 

実は彼女の好きだというT君のこともちょっと好きだったので、彼女の話が気になっていましたが、ここはもう思い切って本命に行くのが当然なわけで・・・。

 

そしていよいよ卒業式も終わり、私は運よくM君の第3ボタンをもらってウキウキ。これで告白する勇気に後押しが加わったような気になって、手紙の内容をいろいろ考えていました。

 

春休みに入り、友人の家でさっそく手紙を書くことになりました。ポワーンとしている私になんと友人から提案が。やっぱりT君に書くの恥ずかしいから私がM君に書いて、そっちはT君に書いてみない?と。

 

へっ?と思いましたが、まあT君のことも次に好きだし、どちらかというとT君と話すときの方が自分が自然な気がしていたので、その提案を受け入れました。

 

なんとなく肩の荷が下りたので手紙はわりとすらすらと書けて、でもドキドキでした。待つ事1週間・・・なんと私宛に1通の手紙が届きました。封書の裏には見慣れたT君の文字が。私は笑顔満面で手紙をすぐに読みました。

 

私から文通しませんか?とお願いしたのですが、もちろんOK!とのこと。もう本当に嬉しくて2階の床が抜けるぞ!と親に怒鳴られるほどジャンプして迷惑をかけました・・・。

 

友人の方はと言えば、返事は来なかったそうです。そもそもM君に手紙を出したのかすら知りません。

 

ただ私がM君に手紙を出さないよう、単に阻止したかったのかも? でもT君と文通とはいえ楽しいお付き合いが始まった私は毎日が楽しくってしょうがなかったのでした。

 

ドキドキして話すことなんてできなかったけど、電話もしたなあ・・・。今となってはいい思い出です。

 

タグ : 

片思い体験談

この記事に関連する記事一覧